健康コラム

熱中症に要注意!汗をかきにくい人の特徴と対策

2019/08/02

はじめに

汗をかきにくい方は熱中症になりやすいということをご存知ですか?暑い日でも汗一つかかず涼しい顔をしている方をよく見かけますが、汗をかかないと熱中症などの体調不良を招く恐れがあります。汗にはどんな働きがあるのか、汗をかきにくい方にはどんな特徴があるか、また、汗をかく対策方法をご紹介します。

汗の役割とは

汗は身体の健康状態を維持するのに、大切な役割を持っています。身体の体温が上がると汗が出るのは、身体から生じる気化熱を利用して、皮膚を冷やす体温調節の働きあるからです。汗をかくことで身体を冷やし、熱くなりすぎないように身体が調節しています。そのため、汗を上手にかけない方は、体内に熱を閉じ込めてしまうため、熱中症になりやすくなるのです。

汗をかきにくい人の特徴

現代人は汗をかきにくいとよく言われていますが、その理由として、エアコンの普及により体温調節機能が衰えてしまう事が挙げられます。自宅ではひんやりと冷たく、外に出るとものすごく暑いという温度差の激しい環境にいると、自律神経が乱れて汗をかきにくく、体温調節機能が上手く働かなくなるのです。そして、水分を取らないでいると、気付かないうちに脱水症状を起こしてしまい汗をかかなくなります。その他にも、新陳代謝が悪い人や、常に緊張とストレスにさらされている人も、汗をかきにくくなります。熱中症以外にも、汗をかかないことは様々な不調を引き起こしてしまうのです。

健康的な汗をかくための対策

自然と健康的な汗をかけるようになるためには、新陳代謝をアップさせることが大切です。有酸素運動は新陳代謝をアップさせるのに効果的なため、積極的に日常生活に取り入れることが第一歩です。ジョギングやウォーキングなど、楽しく続けられるものを選んでみましょう。また、少しぬるめのお湯を使った半身浴もおすすめです。但し、浸かる時間は長くても20分程度までにして、長く浸かりすぎないようにしましょう。半身浴はついつい長風呂したくなりますが、それですとかえって脱水症状になる恐れもありますので気を付けましょう。

生活習慣を正そう

ご飯をしっかり食べたり、十分に睡眠をとったりしながら生活習慣を正すことも、健康的な汗をかくためには欠かせません。特に朝食をしっかり食べることで体温を上げ、新陳代謝アップに繋がります。また、朝にコーヒーや緑茶を飲むことも代謝が促進に効果的なので、朝食後に1杯飲んでみて下さい。

おわりに

汗をかきにくい人は、体温調節機能が衰えている事や、新陳代謝が悪いなどの理由があることをおわかりいただけましたか?健康的な汗をかき、熱中症にならないように気を付けましょう。

杏仁薬局外観
受付時間
平日(月曜日~金曜日) 8:45~18:30
土曜日 8:45~17:15
夜間・休日 緊急連絡先:090-2602-9528

定休日:日曜日・祝祭日

  • かかりつけ薬剤師を持ちましょう。
    ~薬剤師が患者さん1人1人のお薬の管理や健康全般のアドバイスなどいたします~
  • 薬剤師による在宅訪問を実施しています。お気軽にご相談ください。