健康コラム

アイス枕を使っても大丈夫?赤ちゃんの暑さ対策をご紹介

2019/08/06

はじめに

大人よりもたくさん汗をかく赤ちゃんは、とてもデリケートですので暑さ対策にも十分気を付けなくてはいけません。そんな赤ちゃんに、アイス枕は使っても良いのでしょうか。赤ちゃんの暑さ対策をご紹介します。

赤ちゃんは暑さ対策が自分で出来ない

赤ちゃんは大人とは違い、体温調節能力が未発達ですので、外の暑さや冷房の寒さなどに敏感で夏場は特に注意が必要です。大人は暑ければ自分で衣類を調節したり、エアコンを付けたりして体温調節が出来ますが、赤ちゃんはまだ自分で言葉を話せないので、ものすごく暑くてもママやパパに伝えられないのです。しかも、赤ちゃんの身体は表面積が小さく、汗腺の密度が高いのでとても汗っかきです。汗をかく機能も赤ちゃんは未発達ですので、真夏日のように、自分の皮膚の温度よりも気温が高いところにいますと、汗がかけなくなって身体に熱がこもってしまい熱中症になる恐れもあります。

赤ちゃんにアイス枕は使っても良いの?

高熱が出ると、取り敢えず冷やしてあげないといけないと慌ててしまいますよね。ですが、赤ちゃんにアイス枕を使って冷やし過ぎてしまいますと、かえって嫌がってしまいます。また、実は頭を冷やすだけでは体温を下げる事は出来ません。もし、赤ちゃんが嫌がらない様であれば、水で絞ったタオル程度で冷やしてあげるのがベストです。酷く汗をかいている場合には、ぬるま湯で緩く絞ったおしぼりで身体を拭いてあげると、体温が放散されて楽になりますので覚えておくと良いでしょう。

赤ちゃんの暑さ対策で重要なポイントとは

赤ちゃんの暑さ対策グッズは、色んな種類がありますが、まずは身近に出来る暑さ対策を徹底することが大切です。特に暑い日は、エアコンの温度に気を付けなくてはいけません。外が暑いと、ついつい室内を寒くしがちですが夏場は25~28℃程度が快適だと言われています。部屋に温度・湿度計を用意しておくと、目でも確認出来ますのでおすすめです。そして、エアコンの風が直接赤ちゃんに当たらないようにすることも大切です。

夏場はベビーカーの使用に注意!

赤ちゃんと一緒にお出かけをする時に、ベビーカーを使う人は多いと思います。ここで気を付けなくてはいけないのが、真夏はベビーカーの中がものすごく暑くなるということです。食品用の保冷材でも構いませんので幾つか用意して、タオル地の巾着などで包み、ベビーカーの背中部分においてあげましょう。これだけでも、十分に暑さ対策は出来るでしょう。

おわりに

赤ちゃんは大人とは違って、体温調節も上手にできませんし、自分でママやパパに訴えることも出来ませんので、暑さ対策は大人がしっかりと行ってあげる必要があります。しかし、アイス枕は身体が冷えすぎてしまうのと、頭を冷やしても体温が下がらないので、あまりおすすめは出来ません。夏場はエアコンの調節や小まめに汗や水分補給を行うなどして、しっかりと赤ちゃんの暑さ対策をしてあげましょう。

杏仁薬局外観
受付時間
平日(月曜日~金曜日) 8:45~18:30
土曜日 8:45~17:15
夜間・休日 緊急連絡先:090-2602-9528

定休日:日曜日・祝祭日

  • かかりつけ薬剤師を持ちましょう。
    ~薬剤師が患者さん1人1人のお薬の管理や健康全般のアドバイスなどいたします~
  • 薬剤師による在宅訪問を実施しています。お気軽にご相談ください。