健康コラム

お腹にたまったガス解消に効果的な薬や対処法

2019/09/02

お腹にたまったガス解消に効果的な薬や対処法

はじめに

お腹にガスがたまると、ゴロゴロと鳴ったりおならが出そうになったりしてとても辛いですよね。そもそも、一体何故お腹にガスがたまるのでしょうか。ガス解消のために役立つ効果的な薬や対処法などをご紹介します。

お腹にガスがたまる原因

お腹にガスがたまる原因の殆どは、食事をしているときに多くの空気を飲み込んでしまっていることが挙げられます。飲み込んだ空気の一部は、ゲップとして体外に排出されますが、残った分は腸に下りガスになってしまうのです。飲み込んだ空気の殆どは酸素ではなく窒素であり、体内で消えて無くならないため腸内ガスとなりおならとして体外に排出されます。

お腹にガスがたまりやすい人の特徴

お腹にガスがたまりやすい人は、主に冷え性で悩んでいる人やストレスを抱えている人に多いと言われています。冷え性の人は胃腸が弱くガスがたまりやすい傾向があります。ストレスが多い人は無意識のうちに空気をたくさん飲み込む傾向があり、それが原因でガスがたまりやすくなります。ガスのせいでお腹が痛くなり、苦しくなる場合もありますので苦しい時は医師に相談してみてください。また、長時間動かないで座ったままの人や、身体を締め付けるような恰好をしてい方は腸が圧迫されてガスがたまりやすくなると言われていますので注意しましょう。

ガス解消を効果的にするには

ガスがお腹にたまる原因は人それぞれですので、原因を知って正しい治療を行うことが大切です。しかし、どうしても苦しくてたまらないという時は、医師に相談して薬を処方してもらいましょう。また、市販薬にもお腹に溜まったガスを解消するものがありますので、上手に活用すると良いでしょう。市販薬では、整腸薬を使うことでお腹のガス解消に役立つと言われています。整腸薬には腸内フローラのバランスを改善する働きがあり、ガスを発生させる悪玉菌の増殖を抑えることが期待できます。

お腹にガスをためないようにするには

お腹にガスをためないようにするには、空気を入れないことが大切です。早食いを控えたり、水分のがぶ飲みを控えるだけでも効果がありますので、飲食はゆっくりを心掛けましょう。また、ゲップは出来る限り我慢しないことも重要です。そして、ストレスをためないための心のケアも大切です。ちょっとした時間を使って瞑想をしたり、腹式呼吸をするだけでも心を落ち着かせることができるでしょう。そして、便秘がちで腸内に便が溜まっている方は、それが原因でガスが発生しますので、腸内環境を整えることも大切です。便秘解消のためにも、ビフィズス菌などを意識して摂取しましょう。

おわりに

お腹にガスがたまるととても苦しくて辛いという方は、ストレスや冷え性、便秘などが原因になっている可能性がありますので、改善を心掛けましょう。お腹にガスがたまらないように、空気を入れないことや出すことが大切です。尚、当薬局ではガス解消に効果的なガスピタンを取り扱っていますので、何かわからないことがあればお気軽に薬剤師に相談をして下さい。

杏仁薬局外観
受付時間
平日(月曜日~金曜日) 8:45~18:30
土曜日 8:45~17:15
夜間・休日 緊急連絡先:090-2602-9528

定休日:日曜日・祝祭日

  • かかりつけ薬剤師を持ちましょう。
    ~薬剤師が患者さん1人1人のお薬の管理や健康全般のアドバイスなどいたします~
  • 薬剤師による在宅訪問を実施しています。お気軽にご相談ください。