健康コラム

非定型うつ病の症状や予防法

2019/10/01

はじめに

近年のうつ病は、非定型うつ病に近いと言われています。一般的にうつ病だと言われる症状とはいったい何が違うのでしょうか。今回は、非定型うつ病の症状、予防法などをご紹介します。

非定型うつ病とは

うつ病は、症状がある間は気持ちが落ち込んでいる状態がずっと続きます。ですが、非定型うつ病は気持ちは落ち込んでいるものの、うれしいことがあったり、楽しいことをしている間は喜びや興味も回復するといった特徴があります。
この症状のことを気分反応性と言います。周りからは怠慢だと誤解される場合がありますが、気持ちの変動を自分自身でコントロールすることが難しいため、自己判断ではなく医師による診断を受けた方が良いでしょう。

非定型うつ病の症状

過食や過眠

特徴的ともいえる症状の1つに、食べすぎや眠りすぎという症状があります。落ち込んでいるときや、嫌なことがあった時などに起こりやすいのが特徴です。甘いものは嫌な気持ちを緩和させる効果があるため、異常なくらい糖分が欲しくなり、太る原因になってしまいます。また、食べ過ぎで体重が増えてしまい、自己嫌悪に陥る…などの悪循環も起こりやすくなってしまいます。過眠の症状は、寝すぎることで脳の働きが鈍ってしまい気持ちが憂鬱となり、一層眠くなりやすくなってしまいます。

鉛様疲労感

鉛様疲労感とは、特別激しい運動や労働をしていなくても、立っていられないような倦怠感に襲われる症状のことをいいます。強い不安に駆られたときなどに起こりやすいと言われています。症状がある方は、手足に重い何かが結びついているような感じだと形容する方が多いそうです。

非定型うつ病の原因とは

決定的な原因はなく、いろんな原因が複雑に絡み合うことで起こると言われています。運動不足のため自律神経の切り替えが上手にできない方や、慢性的にストレスをため込んでいる方、家族の誰かがうつ病だという可能性がある方なども要因としてあげられるようです。 長時間パソコン作業をしている方など、忙しい現代社会が原因ではないかともいわれています。

非定型うつ病の予防法

予防法として、ストレスは存分に発散できるような環境を作ることが効果的です。疲れを感じたらしっかりと休養を取りましょう。また、好きな音楽を聴くなど自分にとっての癒しの時間を見つけてください。脳や体を活性化するためにも、体を少し動かす習慣をつけるのもよいでしょう。何処かに行かないと発散できないようなストレス解消法はかえってできないとストレスがたまる恐れがありますので、簡単ですぐに出来るものを見つけておくとよいでしょう。

おわりに

非定型うつ病は一般的なうつ病とは異なり、喜びや興味が出て楽しいと感じる瞬間もあるため周りの人に誤解されがちです。しかし、少しでも非定型うつ病のような症状がある方は一度医師に診てもらったほうが良いでしょう。日頃からストレスはためこまずに、上手に発散する方法を見つけて、うつ病にならないための予防も徹底しておきましょう。

杏仁薬局外観
受付時間
平日(月曜日~金曜日) 8:45~18:30
土曜日 8:45~17:15
夜間・休日 緊急連絡先:090-2602-9528

定休日:日曜日・祝祭日

  • かかりつけ薬剤師を持ちましょう。
    ~薬剤師が患者さん1人1人のお薬の管理や健康全般のアドバイスなどいたします~
  • 薬剤師による在宅訪問を実施しています。お気軽にご相談ください。